Journal Papers (学術誌論文)




    [2017] ()

  1. 平岡敏洋, 林秉譽, 川上浩司, ドライバの潜在的な安全運転態度を測定する改良版日本語Implicit Association Test, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.19, No.2 [to appear]
  2. 西元崇, 植木宗司郎, 松本修一, 平岡敏洋, 錯視を活用したサグ部における速度低下抑制手法の効果検証, 交通工学論文集, Vol.3, No.4, pp.A_29-A_35 (2017.4) DOI:10.14954/jste.3.4_A_29
  3. 伊部達朗, 平岡敏洋, 阿部恵里花, 藤原幸一, 山川俊貴, 運転中の能動的行為によるドライバの覚醒維持効果と運転安全性, 自動車技術会論文集, Vol.48, No.2, pp.463-469 (2017.3)

    [2016] ()

  4. 川上浩司, 平岡敏洋, 習熟の余地を残すシステムデザインの母音合成装置への適用, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.18, No.3, pp.55-62 (2016.8)
  5. E. Abe, K. Fujiwara, T. Hiraoka, T. Yamakawa, M. Kano, Development of drowsiness detection method by integrating heart rate variability analysis and multivariate statistical process control, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI), Vol.9, No.1, pp.10-17 (2016.1) DOI:10.9746/jcmsi.9.10

    [2015] ()

  6. 平岡敏洋, 橘崇弘, 葛西誠, 松本修一, 目標車頭時間の視覚情報提示が先行車追従行動に与える影響, 土木学会論文集D3, Vol.71, No.5, pp.I_857-I_864 (2015.12) DOI:10.2208/jscejipm.71.I_857
  7. 櫻井宏樹, 松本修一, 葛西誠, 平岡敏洋, 先々行車両の加減速情報が追従車両に与える影響, 土木学会論文集D3, Vol.71, No.5, pp.I_797-I_804 (2015.12) DOI:10.2208/jscejipm.71.I_797
  8. 荒木卓, 川上浩司, 平岡敏洋, システムから不便益を得るユーザ特性に関する実験的考察, 計測自動制御学会論文集, Vol.51, No.11, pp.779-784 (2015.11) DOI:10.9746/sicetr.51.779
  9. Y. Hasebe, H. Kawakami, T. Hiraoka, K. Naito, Card-type tool to support divergent thinking for embodying benefits of inconvenience, Web Intelligence, Vol.13, No.2, pp.93-102 (2015.7) DOI:10.3233/WEB-150312
  10. Y. Hasebe, H. Kawakami, T. Hiraoka, K. Nozaki, Guidelines of system design for embodying benefits of inconvenience, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI), Vol.8, No.1 pp.2-6 (2015.1) DOI:10.9746/jcmsi.8.2
  11. H. Chigira, A. Maeda, M. Kobayashi, K. Fujiwara, T. Hiraoka, A. Tanaka, T. Tanaka, A study on heart rate monitoring in daily life by using a surface-type sensor, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI), Vol.8, No.1, pp.74-78 (2015.1) DOI:10.9746/jcmsi.8.74

    [2014] ()

  12. S. Takada, T. Hiraoka, H. Kawakami, Effectiveness of forward obstacles collision warning system based on deceleration for collision avoidance, IET Intelligent Transport Systems, Vol.8, No.6, pp.570-579 (2014.9) DOI:10.1049/iet-its.2013.0024
  13. 高田翔太, 平岡敏洋, 野崎敬太, 川上浩司, 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第3報)−システムに対する能動的理解が利用動機づけに与える影響−, 自動車技術会論文集, Vol.45, No.2, pp.411-417 (2014.3)

    [2013] ()

  14. 川上浩司, 内藤浩介, 平岡敏洋, 戌亥来未, 発明的問題解決理論TRIZを援用した不便益発想支援システム, 計測自動制御学会論文集, Vol.49, No.10, pp.911-917 (2013.10) DOI:10.9746/sicetr.49.911
  15. 内藤浩介, 川上浩司, 平岡敏洋, 発明的問題解決理論TRIZに基づく不便の効用を活かすシステムの設計支援手法, 計測自動制御学会論文集, Vol.49, No.6, pp.595-601 (2013.6) DOI:10.9746/sicetr.49.595
  16. 野崎敬太, 平岡敏洋, 高田翔太, 塩瀬隆之, 川上浩司, エコドライブ支援システムにおける能動的工夫の余地が運転者の動機づけに与える影響, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.15, No.2, pp.111-120 (2013.5)
  17. 高田翔太, 平岡敏洋, 川上浩司, ウインドシールドディスプレイを用いた衝突回避減速度の視覚情報提示に関する実験的考察, 自動車技術会論文集, Vol.44, No.3, pp.937-942 (2013.5)
  18. 高田翔太, 平岡敏洋, 野崎敬太, 川上浩司, 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第2報)−評価システムが運転行動に与える影響−, 自動車技術会論文集, Vol.44, No.2, pp.673-678 (2013.3)⇒第64回(2014年)自動車技術会 論文賞受賞(第1報と合わせて) (web)
  19. 平岡敏洋, 高田翔太, 川上浩司, 自発的な行動変容を促す安全運転評価システム(第1報)−衝突回避減速度を用いた評価指標の提案−, 自動車技術会論文集, Vol.44, No.2, pp.665-671 (2013.3)⇒第64回(2014年)自動車技術会 論文賞受賞(第2報と合わせて) (web)
  20. 平岡敏洋, 野崎敬太, 高田翔太, 塩瀬隆之, 川上浩司, エコドライブ支援システムにおける能動的工夫の余地が運転技能の習熟に与える影響, 人工知能学会論文集,Vol.28, No.3, pp.249-254 (2013.3)[pdf](速報論文)DOI:10.1527/tjsai.28.249
  21. 多田昌裕, 飯田克弘, 倉内文孝, 平岡敏洋, 金澤文彦, 有馬伸広, 運転者挙動解析に基づくITS合流支援追突防止情報提供サービスの効果検証, 土木学会論文集D3, Vol.69, No.1, pp.1-11 (2013.2) [pdf] DOI:10.2208/jscejipm.69.1

    [2012] ()

  22. H. Kawakami, T. Hiraoka, Incorporation of evolutionary computation for implementing the benefit of inconvenience, International Journal of Advancements in Computing Technology, Vol.4, No.22, pp.248-256 (2012.12) [pdf] DOI:10.4156/ijact.vol4.issue22.28
  23. 平岡敏洋, 西川聖明, 川上浩司, 塩瀬隆之, 自発的な省燃費運転行動を促すエコドライブ支援システム, 計測自動制御学会論文集, Vol.48, No.11, pp.754-763 (2012.11) [pdf]⇒2013年度計測自動制御学会学会賞・論文賞(友田賞)受賞 (web) DOI:10.9746/sicetr.48.754
  24. 高田翔太, 平岡敏洋, 川上浩司, 衝突回避減速度に基づく前方障害物衝突防止警報システムが運転行動に与える影響, 自動車技術会論文集, Vol.43, No.2, pp.619-625 (2012.3) DOI:10.11351/jsaeronbun.43.619

    [2011] ()

  25. 松本修一, 戸澤毅, 平岡敏洋, 山邉茂之, 川嶋弘尚, エコドライブ走行が追従車両に与える影響に関する基礎的研究, 土木学会論文集D3, Vol.67, No.5(土木計画学・論文集第28巻), pp.I_1023-I_1028 (2011.12) DOI:10.2208/jscejipm.67.67_I_1023
  26. 平岡敏洋, 高田翔太, 衝突回避減速度による衝突リスクの評価, 計測自動制御学会論文誌, Vol.47, No.11, pp.534-540 (2011.11) [pdf] DOI:10.9746/sicetr.47.534
  27. 平岡敏洋, 増井惇也, 西川聖明, 伊藤誠, 運転支援システムにおける提供情報の信頼性が運転行動に与える影響 −夜間時視覚支援システムの場合−, 自動車技術会論文集, Vol.42, No.4, pp.953-960 (2011.7) [pdf] DOI:10.11351/jsaeronbun.42.953

    [2010] ()

  28. 平岡敏洋, 増井惇也, 西川聖明, 夜間時視覚支援システムに対するリスク補償行動の分析, 計測自動制御学会論文集, Vol.46, No.11, pp.692-699 (2010.11) [pdf] DOI:10.9746/sicetr.46.692
  29. 平岡敏洋, 熊本博光, 操舵反力トルクの大きさがステアバイワイヤ車両の状態判別性と運転行動に与える影響, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.12, No.2, pp.95-106 (2010.5) [pdf]
  30. 平岡敏洋, 武内秀平, 増井惇也, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一, 夜間時視覚支援システムにおける支援情報の差異が運転行動に与える影響, 自動車技術会論文集, Vol.41, No.2, pp.495-500 (2010.3) [pdf] DOI:10.11351/jsaeronbun.41.495
  31. 平岡敏洋, 寺門康弘, 松本修一, 山邉茂之, エコドライブ走行の教示内容および燃料消費量計の提示が燃料消費率低減効果に与える影響, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.12, No.1, pp.71-80 (2010.2) [pdf]

    [2009] ()

  32. 武内秀平, 平岡敏洋, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一, 夜間時視覚支援システムにおける赤外線映像の差異が歩行者の飛出しに対する回避行動に与える影響, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.6, pp.1463-1469 (2009.11) [pdf] DOI:10.11351/jsaeronbun.40.1463
  33. T. Hiraoka, M. Tanaka, H. Kumamoto, T. Izumi, K. Hatanaka, Collision risk evaluation index based on deceleration for collision avoidance (first report) - Proposal of a new index to evaluate collision risk against forward obstacles -, Review of Automotive Engineering, Vol.30, No.4, pp.429-437 (2009.10) [pdf] DOI:10.11351/jsaereview.30.429
  34. T. Hiraoka, M. Tanaka, S. Takeuchi, H. Kumamoto, T. Izumi, K. Hatanaka, Collision risk evaluation index based on deceleration for collision avoidance (second report) - Forward obstacle collision warning system based on deceleration for collision avoidance -, Review of Automotive Engineering, Vol.30, No.4, pp.439-447 (2009.10) [pdf] DOI:10.11351/jsaereview.30.439
  35. T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto, Automatic path tracking controller of a four-wheel steering vehicle, Vehicle System Dynamics, Vol.47, No.10, pp.1205-1227 (2009.10) [pdf] DOI:10.1080/00423110802545919
  36. S. Kitajima, Y. Marumo, T. Hiraoka, M. Itoh, Comparison of evaluation indices concerning estimation of driver's risk perception, - risk perception of rear-end collision to a preceding vehicle -, Review of Automotive Engineering, Vol.30, No.2, pp.191-198 (2009.4) DOI:10.11351/jsaereview.30.191
  37. 平岡敏洋, 田中雅樹, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一, 衝突回避減速度を用いたリスク評価指標の提案, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.2, pp.545-551 (2009.3) [pdf] DOI:10.11351/jsaeronbun.40.545
  38. 田中雅樹, 平岡敏洋, 武内秀平, 熊本博光, 泉達也, 畑中健一, 衝突回避減速度に基づく前方障害物衝突防止支援システム, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.2, pp.553-559 (2009.3) [pdf] DOI:10.11351/jsaeronbun.40.553

    [2008] ()

  39. 平岡敏洋, 熊本博光, 生態学的マルチモーダルインタフェースを用いた車両状態提示がステアバイワイヤ車両の運転行動に与える影響, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.10, No.4, pp.185-195 (2008.11) [pdf]
  40. T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto, Steering reactive torque presentation method for a steer-by-wire vehicle -Feedback of a lateral acceleration at a center of percussion with respect to rear wheels-, Review of Automotive Engineering, Vol.29, No.2, pp.287-294 (2008.4) [pdf]
  41. 西原修, 坂谷祐輔, 北野弘明, 平岡敏洋, 熊本博光, ドライビングシミュレータによる事故多発地帯の再現と交通コンフリクト発生時における挙動分析, 日本機械学会論文集(C編), Vol. 74, No.738, pp.250-258 (2008.2) [pdf] DOI:10.1299/kikaic.74.250
  42. 平岡敏洋, 中田和行, 田中雅樹, 熊本博光, 齋藤裕昭, 畑中健一, 前方障害物の視認性に基づく環境適合型警報タイミングの効果評価, 自動車技術会論文集, Vol.39, No.1, pp.127-132 (2008.1) [pdf]

    [2007] ()

  43. 平岡敏洋, 熊本博光, 操舵反力提示による車両状態の判別性向上がステアバイワイヤ車両の運転行動に与える影響, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.9, No.4, pp.95-104 (2007.11) [pdf]
  44. 田中雅樹, 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光, 畑中健一, 齋藤裕昭, ドライビングシミュレータを用いた夜間運転支援システムの効果評価, 自動車技術会論文集, Vol.38, No.5, pp.185-190 (2007.9) [pdf]

    [2006] ()

  45. 熊本博光, 岡部康平, 西原修, 平岡敏洋, 合理的運転者の定量的ヒューマンエラーモデルとその解析, 精密工学会誌論文集, Vol.72, No.8, pp.1040-1047 (2006.8) [CiNii] DOI:10.2493/jspe.72.1040
  46. 西原修, 平岡敏洋, 熊本博光, 独立操舵車両における横力と制駆動力の最適配分(タイヤ負荷のMinimax最適化), 日本機械学会論文集(C編), Vol. 72, No.714, pp.537-544 (2006.2) [pdf] DOI:10.1299/kikaic.72.537

    [2005] ()

  47. O. Katai, T. Horiuchi, T. Hiraoka, Problem solving via fuzziness-based coding of continuous constraints yielding synergetic and chaos-dependent origination structures, Integration of Fuzzy Logic and Chaos Theory, Springer-Verlag, pp.579-601 (2005.11) DOI:10.1007/3-540-32502-6_20
  48. 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光, タイヤ負荷のMinimax最適化による制駆動力配分(四輪アクティブ操舵による横すべり零化制御の場合), 日本機械学会論文集(C編), Vol.71, No.704, pp.1238-1246 (2005.4) [pdf] DOI:10.1299/kikaic.71.1238

    [2004] ()

  49. 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光, モデル追従型スライディングモード制御による四輪アクティブ操舵車両, 自動車技術会論文集, Vol.35, No.4, pp.163--169 (2004.10) [pdf]
  50. T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto, Model following sliding mode control for active four-wheel steering vehicle, Review of Automotive Engineering, Vol.25, No.3, pp.305-313 (2004.7) [pdf]
  51. T. Hiraoka, H. Kumamoto, O. Nishihara, Sideslip angle estimation and active front steering system based on lateral acceleration data at centers of percussion with respect to front/rear wheels, JSAE Review, Vol.25, No.1, pp.37-42 (2004.1) [pdf]

    [2003] ()

  52. 岡部康平, 熊本博光, 平岡敏洋, 西原修, 最大許容リスクモデルによる交差点事故の解析と出会い頭衝突防止装置の安全評価, 精密工学会誌論文集, Vol.69, No.11, pp.1625-1630 (2003.11) [pdf] DOI:10.2493/jjspe.69.1625
  53. 平岡敏洋, 西原修, 熊本博光, スライディングモード制御による四輪操舵車両の軌道追従, システム制御情報学会論文誌, Vol16. No.10, pp.520-530 (2003.10) [pdf] DOI:10.5687/iscie.16.520
  54. K. Okabe, T. Hiraoka, O. Nishihara, H. Kumamoto, Fundamental research about the effectiveness of a safe driving support system with information provision, JSAE Review, Vol.24, No.4, pp.387-392 (2003.10) DOI:10.1016/S0389-4304(03)00083-3

    [2002] ()

  55. T. Hosokawa, T. Inoue, T. Hiraoka, H. Fujiwara, Test sequence compaction methods for acyclic sequential circuits using a time expansion model, Systems and Computers in Japan, Vol.33, No.10, pp.105-115 (2002.10) [Wiley InterScience]
  56. 熊本博光, 西原修, 平岡敏洋, 棒浮き釣りの力学解析とアニメーション, 精密工学会誌論文集, Vol.68, No.5, pp.681-686 (2002.5) [CiNii] DOI:10.2493/jjspe.68.681

    [1999] ()

  57. 細川利典, 井上智生, 平岡敏洋, 藤原秀雄, 時間展開モデルを用いた無閉路順序回路のテスト系列圧縮方法, 電子情報通信学会誌, J82-D-I, No.7, pp.869-878 (1999.7) [CiNii]
  58. 細川利典, 平岡敏洋, 太田光保, パーシャルスキャン設計による平衡再収斂構造のテスタビリティ評価, 情報処理学会誌, Vol.40, No.04, pp.1736-1744 (1999.4) [CiNii]

    [1998] ()

  59. T. Hosokawa, T. Hiraoka, M. Ohta, M. Muraoka, S. Kuninobu, Partial scan design methods based on n-fold line-up structures and the state justification of pure load/hold flip-flops, IEICE Transaction on Information and Systems, Vol.E81-D, No.7, pp.660-667 (1998.7) [CiNii]

Designed by CSS.Design Sample