不便益システム研究会とは?

計測自動制御学会「先端融合システムズアプローチ創出委員会」の下位組織である不便益WGが主催する形で,2ヶ月に一度ほどのペースで不便益に少しでも関係する話題を提供しあい,議論する場を設定しました.

計測自動制御学会の会員資格や,教員や学生,会社員などにも関わらず,不便益に少しでも興味ある方はお気軽にご参加いただき,活発に議論していただければ幸いです.

なお,参加費は無料です.参加を希望される方ならびに質問がある方は下記のアドレスにご連絡ください.

連絡先

  • kawakami(a)design.kyoto-u.ac.jp
    (京都大学デザイン学ユニット 特定教授 川上浩司
  • hiraoka(a)sys.i.kyoto-u.ac.jp
    (京都大学大学院情報学研究科 助教 平岡敏洋

(上記アドレスの"(a)"を"@"に変えてください)


次回の不便益システム研究会の案内

第17回不便益システム研究会を以下のように開催いたしますので,ご案内申し上げます.滋賀で開催のSSI2016の翌日に,京都駅前まで足をお運びください.会場は,いつもの部屋の隣(龍谷大学サテライト講習室)ですので,ご注意ください.なお,準備の都合もありますので,研究会と懇親会の出欠のご連絡を12月2日(金)までに,上記連絡先までメールにて連絡いただきますようお願いします.

第17回不便益システム研究会

  • 日時:2016年12月9日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第7講習室龍谷大学サテライト講習室)
  • 参加費:無料(ただし懇親会は実費)
  • 内容
    • 「生命と不便益」(防衛大学校電気情報学群情報工学科 白川智弘 助教)
      • 道具が道具としての定義に従った機能性を提供することが便利であるとするならば,不便益とは道具が使用者や使用環境と出会い,相互作用することによって定義に含まれない想定外の益をもたらすことであると言い換えることができる.このような事態は,生き物がその進化における試行錯誤の結果,元々生存には直結していなかった構造や機能に新たな意味を付与し,新しい生物としての在り方(新たな生態学的ニッチ)を獲得することに類似している.本講演の前半では,道具-環境という関係を生物-環境という関係にパラフレーズすることによって,生命システム論の観点から不便益の意義を再評価すると共に,不便益を表現するための新しい方法について提案する.後半では,前半での議論を踏まえつつ,教育における不便益を定量的に評価するための実験について紹介する.

過去の不便益システム研究会

第16回不便益システム研究会

  • 日時:2016年9月30日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「便利と不便のゆらぎ:Negative factor の活用による知的活動支援と不便益」(北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 西本一志 教授)

不便益システム研究会(特別編)

  • 日時:2016年6月29日(水) 17:30-20:00
  • 場所:パナソニック Wonder LAB Osaka(門真市門真)
  • 参加費:無料(ただし懇親会は実費)
  • 内容:
    • インタラクティブセッション「不便の効用を活かすためのIoT」(話題提供:京都大学デザイン学ユニット 川上浩司 特定教授,ファシリテーター:iki design firm 代表 越前屋俵太)
    • グループワーク「不便益カードによる不便益家電のアイディエーション」

第15回不便益システム研究会

  • 日時:2016年4月15日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「デザインの現場から考える不便益」~過度に成熟した現代デザインと、余白をデザインする必要性~(愛知県立芸術大学 兼 株式会社NDデザイン 影山友章 氏)

第14回不便益システム研究会

  • 日時:2016年2月19日(金) 15:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「不便の効用を活かすためのIoT」(京都大学デザイン学ユニット 川上浩司 特定教授)
    • 不便益百景を使ったアイディエーション

第13回不便益システム研究会

  • 日時:2015年6月26日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「あるもん」で始める食の不便益」(京都・暮らしのREデザイン研究所 安田真氏)

第12回不便益システム研究会

  • 日時:2015年3月20日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「オントロジー工学を援用した不便益の記述モデル」(京都大学大学院情報学研究科M2 長谷部雄一 君)
    • 「不便益の属人性に対する実験的アプローチ」(京都大学大学院情報学研究科M2 荒木卓 君)

第11回不便益システム研究会

  • 日時:2015年1月16日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「知的書評合戦ビブリオバトル・不便益の流れを組む一大プロジェクト」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 コンサルティング・国際事業本部 コンサルタント 吉野英知 氏)

第10回不便益システム研究会

  • 日時:2014年10月17日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「不便益が向上させるのはGDPかGNHか」(京都大学総合博物館 塩瀬隆之 准教授/ 元 経済産業省 産業技術環境局)

第9回不便益システム研究会

  • 日時:2014年7月3日(木) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「人をカラクる仕掛学」(大阪大学経済学研究科 松村真宏 准教授)

第8回不便益システム研究会

  • 日時:2014年3月6日(木) 14:00-17:30
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「不便益システム設計ガイドライン試論」(京都大学情報学研究科 野崎敬太 君,長谷部雄一 君)

第7回不便益システム研究会

  • 日時:2013年12月13日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 話題1(義手の概論と課題から) 「インタフェース(操作系)としての筋電義手,能動義手」(東京電機大学 大西謙吾 准教授)
    • 話題2(道具をつくる現場と臨床から) 「福祉機器の使用における本人/他人の感覚のズレ」(エンジニア/大阪大学 松田靖史 特任准教授)
    • ディスカッション「義手×不便益の可能性」

第6回不便益システム研究会

  • 日時:2013年10月11日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「義手のリデザインにおける不便益(機能追求とこころの痛み軽減)」(北海道教育大学 小北麻記子 准教授)

第5回不便益システム研究会

  • 日時:2013年6月21日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「音楽における不便益」(富山県立大学 本吉達郎 助教)(元・京都大学オーケストラ・コンサートマスター)
    • 「妨害による支援」(北陸先端科学技術大学院大学 西本一志 教授)

第4回不便益システム研究会

  • 日時:2013年4月19日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「関係性をデザインする ~関係論的システムデザイン~」(同志社大学 下原勝憲 教授)
    • 「モノを不便にする発想 ~不便益ブレストバトル~」(京都大学 長谷部雄一 君)
    • 不便益ブレストバトル

第3回不便益システム研究会

  • 日時:2012年12月7日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「不便益とはなんだろう?生態学的アプローチの観点から」(豊橋技術科学大学 岡田美智男 教授)
    • 「Talking-Ally: 聞き手性をリソースとする発話生成系の実現にむけて」(豊橋技術科学大学 小田原雄紀 君)
    • フリーディスカッション

第2回不便益システム研究会

  • 日時:2012年9月21日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「あえて詳細な情報を提供しない観光ナビについて」(立命館大学 仲谷善雄 教授)
    • 「「見えざる手」は会議時間を救えるか? 発話権取引によるコミュニケーション場のメカニズムデザイン」(立命館大学 谷口忠大 准教授)
    • フリーディスカッション

第1回不便益システム研究会

  • 日時:2012年7月27日(金) 16:00-18:00
  • 場所:キャンパスプラザ京都 6F 第8講習室
  • 内容:
    • 「WGの成り立ち,不便益の大枠」(京都大学 川上)
    • 「運転支援における不便益」(京都大学 平岡)
    • フリーディスカッション