ようこそ平岡敏洋のページへ







お知らせ

  • テクノバシンポジウム『2050年に向けた都市・交通・モビリティとエネルギーの未来 〜人口減少・超高齢社会に向けた産学官への提案』[pdf]で,「よりよい「人とモビリティの関係」を目指して」という題目で講演しました.(2016.5.23)NEW!
  • 研究指導している橘崇弘君(M2)が自動車技術会2015年度大学院研究奨励賞を受賞しました.(2016.3.11)NEW!
  • 京都大学で開催された情報処理学会第39回エンタテインメントコンピューティング研究会で1件の主著発表(「Trail Making Gameを用いた高齢ドライバ向け認知機能訓練システム)と2件の共著発表(「不便であることをトリガーとするインタラクションの動機付けに関する考察」「能動的行為を伴うゲームを用いたドライバの覚醒支援システム」)がありました.(2016.3.16〜3.17)NEW!
  • 研究指導している橘崇弘君(M2)が自動車技術会2015年度大学院研究奨励賞を受賞しました.(2016.3.11)NEW!

  • 「6.2.1(4) エコドライブ支援システム」を分担執筆した新版自動車技術ハンドブック 人間工学編(第3分冊)が発刊されました.(2016.3.9)NEW!
  • 企業向けに「「不便益」で考える非自動化技術の方向性」という題目で講演を行いました.(2016.2.26)NEW!
  • 経団連21世紀政策研究会にて,「自動運転と運転支援」という題目で講演を行いました.(2015.12.7)
  • The 19th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2015)にて,Best Paper Award(第2著者として)を受賞しました.(2015.11.24)
  • 研究指導している伊部達朗君(M2)が計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会(SSI2015)にて部門研究奨励賞を受賞しました.(2015.11.20)

  • 函館アリーナで開催された計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会(SSI2015)で3件の主著発表(「QOM向上に資するスマートドライブを促す間接型運転支援システム」「ゲームニクス理論に基づく高速道路用安全運転評価システム」「時間制約と競争形式の導入によるブレインストーミングの活性化 −ブレストバトルによる参加者の能動的態度の促進−」),4件の共著発表がありました.(2015.11.18〜11.20)
  • 東京で開催された平成27年度エコドライブシンポジウムにて,「ドライバの動機づけに着目したエコドライブ支援システム」という題目で基調講演(開催報告)を行いました.(2015.11.17)
  • 横浜にある関東学院大学・関内メディアセンターで開催されたIEEE ICVESで"Haptic interface of driver-assistance system based on safe driving evaluation"を発表しました.(2015.11.6)
  • 9.16〜18の日程で開催された「京都大学サマーデザインスクール2015」で私が主催したテーマワーク『動かない車を活用するデザイン』の密着取材の様子が『京大の「実は!」Vol.33』で紹介されました.(2015.10.29)
  • 京大生協主催の1回生向けイベントX-academy第4回「学際研究との出逢い」で登壇しました.(2015.10.19)
  • 香港にあるCity University of Hong Kongで開催されたIEEE SMC 2015で1件の共著発表がありました.(2015.10.10)
  • フランス・ボルドーにあるCongre et Expositions de Bordeauxで開催された22nd ITS World Congressで4件の共著発表がありました.(2015.10.6〜10.8)
  • スウェーデン・イエテボリにあるChalmers大学で開催されたFAST-zero 2015 Symposiumで"Safe Driving Evaluation System to Enhance Motivation for Safe Driving"を発表しました.(2015.9.11)
  • はこだて未来大学で開催されたヒューマンインタフェースシンポジウム2015で「ドライバの安全運転意識を測定する改良版日本語Implicit Association Test」を発表しました.(2015.9.4)
  • 自動車技術会2014年度技術部門貢献賞を受賞しました.(2015.8.21)
  • 授業を担当した2015年前期FBL/PBLテーマ「不便益をもつコトのデザイン」の取組みが京都新聞・夕刊ならびにWeb版で紹介されました.(2015.8.20)NEW!
  • 京都大学オープンコースウェアで,デザイン学ユニットに所属する教員の紹介動画としてインタビュー動画(約5分)が公開されました.インタビュアーは越前屋俵太氏です.
  • 【告知】「交通事故低減のための自動車の追突防止支援技術」(伊藤誠・丸茂喜高 編著,平岡敏洋・和田隆広・安部原也・北島創 著)がコロナ社より発売されました.
  • はこだて未来大学で開催された第29回人工知能学会全国大会で「ブレストバトル −時間制約と競争形式の導入による参加者の能動的態度の促進−」(原稿pdfはこちら)を発表しました.(2015.5.30)
  • 京都大学附属図書館Lecture Series(第6回)で「素数ものさしを生み出した『不便益』とは? −手間がかかるこその益を生み出すシステム設計論−」と題した講演(於:附属図書館1階ラーニング・コモンズ)を行いました. (2015.4.21)
  • 国際交通安全学会(IATSS)の会員に就任しました.(2015.4)
  • 科研費基盤C「力覚提示による衝突回避誘導とタイヤ力の飽和を考慮した減速・操舵による自動回避制御」(平成27年度〜平成29年度)が採択されました.(2015.4.1)
  • 4月1日発売のTHE BIG ISSUE JAPANに不便益のインタビュー記事が掲載されました.(2015.4.1)
  • 学際融合教育研究推進センター 学融合フェロー(平成27年度)を兼任することになりました.(2015.4.1)


Designed by CSS.Design Sample